title

伝統工芸

伝統工芸

伊勢とこわかやの一部の商品で使用されている伝統技法をご紹介いたします

伊勢木綿いせもめん

伊勢木綿に用いられる糸は最上質のワタを一本にヨリ、
糊で固め慎重に織り上げられます。
こうして出来上がった伊勢木綿は高い通気性、調湿性を兼ね備え、
糸が柔らかいのでシワになりにくく、洗ううちに糊が落ち、
肌触りもとても良くなり、つかえば使うほど風合いが増していきます。

伊勢型紙いせかたがみ

伊勢型紙とは、友禅、ゆかた、小紋などの柄や文様を着物の生地を
染めるのに用いるもので、千有余年の歴史を誇る伝統的工芸品です。
和紙を加工した紙(型地紙)に彫刻刀で、きものの文様や図柄を丹念に
彫り抜いたものですが、型紙を作るには高度な技術と根気や忍耐が必要です。
三重県鈴鹿市白子・寺家地区で生産されており、国の伝統的工芸品に
指定され近年美術工芸品としても評価されていますが、
時代の流れと共に着物の需要が激減し、布染めの分野にも機械化の波が
押し寄せ型紙の出番が少なくなっているのが現状です。

注染ちゅうせん

本製品の染めは伊勢型紙を用いた、日本独自の染色技法で、
染料を注いで染める事から「注染」といわれ、
生地の裏側までしっかりと染まり裏表がなく、プリントと違い生地の目を
つぶさないので吸水性も肌ざわりもよく、手拭生地の伊勢木綿の
柔らかい風合いを活かす染色技法です。

伝統の品を用いたオリジナルの別注品(販売用)
記念品(お祭り、神社仏閣祭事、会社催事などのご用命は、伊勢とこわかやへお問い合わせください。